FC2ブログ
fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おすすめ商品

TimeMachineにおねがい。
I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDC-U500I-O DATA USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDC-U500
(2006/01/20)
不明

商品詳細を見る

昨日の朝、iMac(intel Core2Duo,2.16GHz、HDD:250GB)がスリープから復帰する際、「カコーン」という断続的な音がして、復帰に少し時間がかかった。この音は前にも聞いたことがある。そう、HDDが壊れる前兆だ。まずい・・・。
買おう買おうと思いつつ、TimeMachineバックアップ用の外付けHDDを買っていなかったのだ(だって日に日に価格が下がるもの)。

さて本来は、運良く動いているこの時点でバックアップをとっておくべきなのだけれど、つい再起動してしまう。
案の定、今度は「カツン」という音がして、起動してもリンゴマークすら出ない。
Shiftキーを押しぱなしで起動(こうやるとブートドライブのディスク修復が行われる)するが、改善せず。

急ぎLeopardのDVDを突っ込んでDVDからブート。Finderのメニューからディスクユーティリティを起動し、修復を行う。最初は失敗しまくるが、運よく何度か繰り返していると修復に成功した。

DVDを取り出し、HDDから再起動して、そのままにしてソフマップへ出かける。おお、500GBの外付けが安売りしているではないか(通常\21,800→\18,800&ポイント15%還元、そして山積み)。

本当はFireWireの1TBぐらいが欲しかったのだけれど、財布に余裕がないのでこれで十分だ。バックアップなんて夜中にやらせればFireWireの速さのメリットも関係なかろう、だいたい僕は内蔵250GBのうち、まだ50GBくらいしか使ってないし。

説明書もそこそこに、iMacのUSBポートに接続。すぐに「TimeMachineのバックアップに使用しますか?」の確認ダイアログが出るので、「はい」で答えてまずは全体バックアップを実行させる。50GBに1.5時間くらいかかったがバックアップが作成されて一安心。
これでいつ内蔵HDDがぶっ飛んでも大丈夫・・・イヤ、待てよ、この型のiMacのHDD交換はすごく難しいのだった・・・。


早まった?!

つい先日、「左側の音声の出力がおかしくなった」と思われた、iPod nano (1st Gen)であるが、 本日、実家に置きっぱなしのBOSE QueitComfort(ノイズキャンセリング機能のあるヘッドフォン)を持って来て接続したところ、何の障害もない。
「へっ?!」と思い、愛用のApple LanyardHeadPhoneと、いちおうSONY NUDEシリーズだが、型番忘れた安物をつないでみると、やはりしばらく聞いていると左がダメである。

Macにつなぎ直すも結果は同じ。

どうやら、ほぼ同時に2つとも断線してきてるようだ

なんでかな、と思い日頃の行動を思い出してみるが、最近、寒くなってマフラーの下からヘッドフォンを引っ張り出すことが多いのに思い当たる。

SONYのヘッドフォン使用時、本体は左の内ポケットに入れている。右の方の線は長くできていて余裕があるが、左側の線はいっぱいいっぱいで少し負荷がかかっている。このインイヤー型のラインは50センチしかないのだ。

そうか、ひっぱりすぎか。
Lanyardの方は経年劣化に負荷が加わったからかもしれない。

ってことは、あれか、そんなに慌ててiPod nano買うこともなかったんだよね(泣)。


みなさんも、イヤフォンやヘッドフォンのラインはマフラーの外側をとりまわしてください。

iPod nano1代目→iPod nano 3代目。
Apple Store(Japan)

平日はほとんど毎日がんばってきたiPod nano(1代目)ではあるが、
最近、バッテリの持ちは悪くなってきたし、30分ほどするとなぜか左側の音の出力が下がる(ヘッドフォンや耳のせいではない)。クルマ用にして余生を過ごしてもらうことにして、現行の3代目を購入。

200711302.jpg

*左が現行の3rd iPod nano。ブラックだが、実際にはガンメタに近い色。ヘッドフォンはソニーの安物。


200711301.jpg

*背面が少しカーブさせてあるので、端子の一部がチラ見え。ただし、ホールドはしっかりしてます。

200711303.jpg

*小さいが、ビデオポッドキャストも再生可能に。Photoshopの魔術師(ただしノリがちょっと変)、「ラッセル・ブラウン」ショーでPhotoshopのお勉強も手のひらでできる。

>>ラッセルブラウンショー(iTunesが起動します)





キーボードだけ、換えてみた。
BONZOさんのブログ、「ノットオンリーDバットA」で紹介されていたアップルの薄いキーボード(有線式)を買ってしまう。

20071029.jpg

*製品型番はApple Keyboard (JIS) MB110J/A。
ものすごい薄さだが、キータッチは適度に重い。叩いたときのカタカタ音があまりしないのもいい。


これは、予想以上にスバラしい。CapsLockキーが右端に移動し、ホームポジション(F, J)が若干左に寄ってる気がするし、ファンクションキーやEscが遠くに行った気がするが、まあそのうち慣れるだろう。いろんなメーカーのむりくりなWindowsノート(中にはBackSpaceが爪の先でないと押せないようなのもある)のキー配置に比べれば、なんてことないやw。







MacOSX Leopardの日。
予約しておいたMacOSX 10.5 Leopardがやってきたので、iMac(intel Core2 Duo, 2GB Memory)に早速アップグレードインストール。
約1時間で生まれ変わった(実際には、最初の起動後にSpotlight(MacOSXのデスクトップ検索)のインデックスが再構築されるので、完全なパフォーマンスになるにはプラス数十分かかる)。


2007102602.jpg

*パッケージはフォログラム。とうとう箱はCDサイズになった。紙のマニュアルがなくなる日も近いかな。


2007102601.jpg

*ドック(Windowsのタスクトレイみたいなもの)のアイコンが底面反射のイメージに。

アップルのプレビューでさんざん見ていたので、あまり驚きはないが、Safari(アップルのWebブラウザ)やMailがどうやら高速になっているみたいだ。
バックアップ機能であるTimeMachineを試してみたいのだけれど、これは大容量の外付けディスクがないと使えないのであった・・・。

2007102605.jpg

*Finderに加わった、CoverFlow表示。iTunesと同様のインタフェースでファイルのプレビューが可能。Spotlight機能とあいまってファイルの保存位置を覚えておく、というのはだんだんどうでもいいことになってきそうだ。

2007102604.jpg

*CoverFlow、プログラムのソースコードなんかもプレビューできる。図はRubyで記述されたコード。


問題は、イメージがあるかどうか!?
仕事で最近、C++(シープラスプラス、プログラミング言語)を教える機会があった。
非常にシンプルで強力、この言語の仕組みを最初に考えた人は天才かそれに近いと思うが、いかんせんモノ自体わかりづらい。教えるのに時間とパワーがいる。

コンピュータ言語は、実習しても実際に目に見えるのはコードと、それがうまく動いたときだけ出てくる結果のみである。Photoshopの画像加工みたいに、その処理過程がはっきり見えないため、コンピュータ言語の初心者にはかなりキツいものだ。

たとえば純粋仮想関数のサンプルだと多くの場合、

#include<iostream>
using namespace std;

class Base{
public:
virtual void func() = 0;
};


class Derived : public Base{
public:
virtual void func(){
cout << "this is a test." << endl;
}
};

int main(){
Base* p;
Derived d_ob;
p=&d_ob;

p->func();

return 0;
}

みたいのが出てくる。
結果は画面に「this is a test.」と出る(はず)。
なんのこっちゃい!?

本屋でいろいろと初心者の方向けの参考書を探したけれど、もっともよさげなのは↓コレだった。
イラストのキャラクターが謎(同じシリーズのC言語と共通しているらしい)なのと、ポリモーフィズムのところの記述が弱いが、C++の特徴的な機能はでかいイラストでイメージがしやすく書いてあり、オススメだ。

C++ の絵本 C++ の絵本
(株)アンク (2005/04/21)
翔泳社
この商品の詳細を見る


世に転がる難しげなコンピュータ本はすべてそれをイメージで図示してくれれば、教える仕事は楽なのに、と思う今日この頃。あ、でもあれか、それじゃ僕の仕事が減っちゃうのかw。


Leopard カウントダウンスタート。
20071016.jpg

Mac OS X Leopardの発売カウントダウンが開始。予想どおり、10/26発売だ。
強烈な機能に14,800円。もちろん、速攻で予約。
それにしてもMacみたいにシェアの小さいパソコンですらOSはこの価格。
WindowsVistaなんてボッタクリじゃないの?!。

ちなみに、アップルの謳う「300以上の新機能」にはもちろん従来のバグフィックスも含んでると思われるw。