fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ商品

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題は、イメージがあるかどうか!?
仕事で最近、C++(シープラスプラス、プログラミング言語)を教える機会があった。
非常にシンプルで強力、この言語の仕組みを最初に考えた人は天才かそれに近いと思うが、いかんせんモノ自体わかりづらい。教えるのに時間とパワーがいる。

コンピュータ言語は、実習しても実際に目に見えるのはコードと、それがうまく動いたときだけ出てくる結果のみである。Photoshopの画像加工みたいに、その処理過程がはっきり見えないため、コンピュータ言語の初心者にはかなりキツいものだ。

たとえば純粋仮想関数のサンプルだと多くの場合、

#include<iostream>
using namespace std;

class Base{
public:
virtual void func() = 0;
};


class Derived : public Base{
public:
virtual void func(){
cout << "this is a test." << endl;
}
};

int main(){
Base* p;
Derived d_ob;
p=&d_ob;

p->func();

return 0;
}

みたいのが出てくる。
結果は画面に「this is a test.」と出る(はず)。
なんのこっちゃい!?

本屋でいろいろと初心者の方向けの参考書を探したけれど、もっともよさげなのは↓コレだった。
イラストのキャラクターが謎(同じシリーズのC言語と共通しているらしい)なのと、ポリモーフィズムのところの記述が弱いが、C++の特徴的な機能はでかいイラストでイメージがしやすく書いてあり、オススメだ。

C++ の絵本 C++ の絵本
(株)アンク (2005/04/21)
翔泳社
この商品の詳細を見る


世に転がる難しげなコンピュータ本はすべてそれをイメージで図示してくれれば、教える仕事は楽なのに、と思う今日この頃。あ、でもあれか、それじゃ僕の仕事が減っちゃうのかw。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fmodex.blog54.fc2.com/tb.php/399-c7c27141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。