FC2ブログ
fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ商品

世界を変えられるかもしれない、と思う人に世界は開いている
社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流 社会起業家―社会責任ビジネスの新しい潮流
斎藤 槙 (2004/07)
岩波書店
この商品の詳細を見る

昨日の「偽装請負」を読んで暗澹たる気持ちになってきたので、そうじゃないものを今日はご紹介。
社会起業家とは利益追求と社会貢献という、一見背反する事項を同時になそうとするものだ。
通常の企業はそれができても「利益追求」の比重がやたら大きいのだが、社会起業は「社会貢献」の比重も十分に大きい。
NPOと一般的な企業の中間的な存在としてこの本ではとらえられている。

本書ではアメリカのベン&ジェリーというアイスクリーム屋が営利企業だが、NPOイベントには無償でアイスクリームを提供したりホームレスの社会参加のために店舗を提供したりしていることが紹介されている。

この本は数値的な裏づけを細かく提示しており、強い説得力を持っている。聡明で責任感の強い姿が伺える著者の努力、取り上げられている人々の笑顔に「世の中捨てたもんじゃないぜ」と思える一冊だ。

今、マスコミのやり玉にあげられている日本のグッドウィルグループは社是のひとつに「正しくないことをするな、常に正しい方を選べ」と書いている
企業が正しいことをなすのはなるほど難しい。けれどたぶん不可能でない。
できると思った人にはできるのだ。

スポンサーサイト
ビジョナリー・ピープル、ふたたび。
前に取り上げた書籍「ビジョナリー・ピープル」の記事が、出版元の英治出版さんの営業ブログにとりあげられた。
こんなブログだし、褒めちぎっているわけでもないし、文章も稚拙なのに取り上げていただいてなんだか気恥ずかしいw。

僕はビジネス書を年に100冊くらい読む(図書館活用w)。たぶん多くの方がそうだと思うが、そのうち8割はハズレであり、1割はどっかで読んだような内容であり、残りのうちの半分は納得できないか共感できない。つまりは最終的に役に立つのは年に数冊あるかないかなのだ。
「ビジョナリー・ピープル」はもちろん役に立つほうですw。

強くて頭がよくて、そしてピアノとスケートはセミプロの、コンディこと米ライス国務長官はそれだけで一冊の本になるくらいの人だが、この本ではちょこっとしか登場しない。
そういう贅沢さがいいじゃない?