FC2ブログ
fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ商品

新書ってこんなんだったっけ?
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 (上) 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 (上)
山田 真哉 (2007/04/17)
光文社
この商品の詳細を見る


話題性につられて買ってしまう。

学生の頃、新書というのはレポート用のアウトラインにたいへん重宝した。
バカ学生だった僕は、「XXXXについてのレポート」と言われてその専門書を引っ張ってきても、その専門書に引用してある内容がわからない。それでまたその引用先の本を引っ張ってくると、こんどはその先の引用が・・・。と、もうわけがわからなくなってくるので、エラい先生が書いた新書であたりをつけてまとめあげるのだった。たいていの新書の最後には引用文献があって、その本ならまず間違いない権威があった。

新書というのはつまり、ある分野で専門書を何冊も出している名のある研究者か学者が、その考えや研究を一般の人向けにわかりやすく書いた本、だったのだ。

が、この前作にあたる「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」のヒットあたりから、あきらかに潮流が変わってきた気がする。確かにわかりやすいし、面白いのだけれど、中にはすぐに読み捨てられそうなものすらたくさんある。
出版社は売れなきゃダメなのはよくわかるが、掴ませてレジに並ばせたら勝ち的な感じは、知識を深めたい読者にとって失礼なんじゃなかろうか?雑誌じゃないんだからさ。

ちなみに本書、内容的には「感情ではなくて、数字で考えろ」という社会人にとってはごくあたりまえの重要性を平易に語る。中高生くらいの人が読むといいかもしれない。


スポンサーサイト