fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめ商品

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震、嵐、そして大川栄策
鎌倉へ日帰り出張。
夕方に震度4の地震があり、帰りの新幹線が少し遅れて、新横浜で時間があまってしまった。
新横浜で食事でも取ろうとおもったが、新横浜はもとから店が少ない上、ここのところずっと工事中だ。

それでも少し周りを歩いてみた。お祭りに行くようなカッコをした、中高生くらいの女の子がすごい数いて、露天も出ているしダフ屋の兄ちゃんもいる。どうも横浜アリーナあたりで誰かのコンサートがあるらしい。
書店の店先にワゴンで山積みの写真集。どうも「嵐」のようだ。二ノ宮和也の写真でわかった(それ以外のメンバは全く知らない)。
二ノ宮和也だけ知っているのは、以前テレビで蜷川幸雄が彼の演技力と姿勢を褒めちぎっていたからだ。蜷川幸雄は、イギリスでも勲章を受けた世界的な舞台演出家だ。その一方で、気に食わない演技には灰皿を投げつけて罵倒するというエピソードでも知られている。その人が珍しく褒めているので驚いた。最近のアイドルは、見た目だけでなくて中身も相当にできた人間でないとダメなのかもしれない、と思ったものだ。

少し遅れた新幹線で京都に帰着。駅で夜なのにサングラスをかけ、高そうな革のカバンを持ったおじさんとすれ違う。恐い人か思ったが、後からギターのハードケースを抱えた付き人らしき人がやってきた。う~ん、だれだっけ、あ「大川栄策」だ。
人はまばらだったが、みんな気づいたようである。芸能人にはやはり独特のオーラみたいなものがあるかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

龍安寺石庭の吸引力
京都の西北、立命館大学の衣笠キャンパスの近くに龍安寺はある。
鏡容池という池のあるおおきな庭を抜けると、石庭をもつ方丈が現れる。
僕はこの場所が大好きで、何度も通っている。
駐車場のおじさんが、京都ナンバーなのによくみかけるものだから、立命館の関係者かと思って話しかけてくる(立命館の人が駐車場代わりにするので困っているようだ)。

実際にご覧になられた方はご存知だろうが、25×10メートル四方の石庭は写真などのイメージよりずっと小さく感じられる。だが、何かそこだけ空気が違っているような、実に不思議な空間だ。僕は映画「2001年宇宙の旅」に出てくるモノリスみたいな感じがする。

5、2、3、2、3の組み合わせで15個並べられた石。15という数字は「完全」を意味すると言われている(月の満ち欠けが15夜あるので)。ひとつの石には「小太郎」「清次郎」の名前が刻まれている。室町時代に作庭されたが、その意図は未だに不明だ。

撮影目的なら、少し早起きして、午前8時の開門直後がおすすめしたい。

Ryoanji_RockGaden.jpg


なお、通常のコンパクトデジカメのレンズでは全景をとらえることは難しい。
その場合は、PhotoshopのPhotomerge機能などを活用してみるとよいだろう(上の写真はIXY Digital800ISで撮影した写真3枚をPhotoshopCS2のPhotomergeで結合)。


石庭の極限まで切り落とされた美しさを自宅で堪能したい方には、写真集がおすすめだ。
龍安寺の四季―水野克比古写真集 龍安寺の四季―水野克比古写真集
水野 克比古 (2006/02)
東方出版
この商品の詳細を見る

水野氏は京都在住のプロカメラマンである。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

隊長、熱いです。
アヒル隊長はじめてのおふろ 湯温計 アヒル隊長はじめてのおふろ 湯温計
()
パイロットインキ
この商品の詳細を見る


東京の大手町と田町に日帰りで出張。関東は涼しいと思っていたのだが、今日は蒸し暑くてぐったりしてしまった。こんなときは早く帰ってぬるいお風呂でゆっくりするに限る。

僕のお風呂には「アヒル隊長の温度計」がいる。
笑っているのか困っているのかよくわかんない顔でぷかぷかしている姿はいつみても愉快で、なんだか話しかけたくなったりする。
600円そこそこで、癒しをあたえてくれる隊長、皆さんもお風呂におひとつどうだろう?
お風呂で手持ち無沙汰でリラックスできず、すぐ上がってしまう人にもいいかもしれない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

スマートシャープの向こう側
トイ・カメラの「ホルガ」というのをご存知だろうか?
僕は持っていないのだが、知り合いが以前みせてくれた。
見た目は安っぽいし、部品のたてつけは悪いし、日本のモノ作りの対極を行く、ロシア製おもちゃカメラだ。標準で光漏れするので、テープで目張りするくらいの精度だという。






だが、このカメラで撮影された写真はどうだろう。
レンズの周りは光量が落ちて暗くなっていて、全体的にぼんやりしているのだが、どことなく情緒的だ。

PhotoshopCS2では、アンシャープマスクが進化したスマートシャープというフィルタがあって、これを使えば非常に精細にシャープの度合いをコントロールできる。
シャープな画像こそよし、とする世界もあるのだろうが、ホルガみたいな写真もアリのような気がする。

ちなみに、デジタル一眼にホルガのような効果を与えるレンズ(?!)の自作方法が載っているページがPhotoshop User Magazineに紹介されていた。
フィルタやアクションでなくて、レンズの方を作っちゃうっていう発想はすごい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

PowerBookG4 & iBookG4リチウムイオンバッテリーのリコール
AppleのPowerBook、iBookの一部の機種で、バッテリーのリコールがアナウンスされている。
原因は、テレビのニュースでも報じられたDell製のPCと同じく、ソニーのバッテリーセルの不具合で稀に発火する恐れがあるというものだ。
同機をお使いの方は、該当するかどうかしらべて欲しい。

バッテリー交換プログラム - iBook G4 および PowerBook G4

僕のPowerBookG4 12 インチは「当たり」(当然ながら、こういう「当たり」はまったくうれしくない)。
フォームから情報を入力して、あとはバッテリーの到着を待つだけなのだが、その間(数週間)は、バッテリーユニットを外してAC電源でPCを使うことが推奨されている。

battery.jpg


PowerBookのバッテリーユニットは、この写真のようになっていて、本体右下の底面の一部をなしている。つまり、外すと安定性が悪くなってしまう。キーボードを使う時は不便この上ない。

ちなみにリチウムイオンバッテリーはその構造上、常用域と危険域の境目が近いそうで、そのままだと過充電などで発火する可能性があるという。バッテリーが単体の電池でなくて、ユニット形式になっているのは、それを防ぐために様々な安全装置が付いているからだ。
今回のソニー製セルの問題は、製造過程で微細な金属片が混入したものがあり、それによって引き起こされるそうだ。

なんにしても、こういった、メーカーもユーザーもお互い不幸なトラブルは嫌なものだ。
安全でハイパワーな電池技術の登場を願う・・・。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

NAPPのメンバーキットが届く

nappset.jpg


先日入会したNAPP(National Association of Photoshop Professionals)のメンバーキットが届いた。
内容は、会員証、IDカード、Photoshop User Magazineの最新号、PhotoshopCS2の使い方をワンポイントで紹介した「100 Photoshop CS2 Hot Tips」などと、あとは米国のいろんな広告だった。

Photoshop User Magazineでは「Down & Dirty Tricks」というページが面白かった。
この号ではアリの写真をブラシパターンに設定して、アリが群がる姿を表現したり、選択ツールとグラデーションツールで紙が折れ曲がったイメージを作ったりしている。
テクニックより、表現そのものが刺激的だ。

もちろん、すべて英語なのだがスクリーンショットが豊富なので、案外理解しやすい。
正味100ページ程度だが、情報を詰め込みすぎの印象がある日本のムックやハウツー本みたいに、気張って読まなくてよいあたりが気に入った。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

京都市職員がまたやった。
最近、京都市職員に対する市民の目は「軽蔑」のそれである。

電車内で乗客に暴行 京都市職員を容疑で逮捕

平日の夕方、NHK京都局では地方ニュース「京いちにち」というのをやっている。
毎日こんなニュースばかりなので、アナウンサーにも「またこんなニュース喋らせんのかよ!」という感じが出ていて少しかわいそうだ。

今年、京都市職員は生活保護費を搾取(!)したり、覚せい剤取引(!!)をしたり、市民が支払った動物の死骸処理費用を着服したり、無免許運転で通勤したりと、これでは公務員ではなく、まるでゴロツキだ。
昨日は酔った勢いで電車でメールしてるおじさんにつかみかかったらしい。

この調子では
職員の不祥事に係る市長のお詫びと今後の決意について
というのも、なんだか信用できない。

こんなに不祥事を起こすのは、間違いなく組織に問題がある。
人にサービスする職業には、お金による対価を飛び越えて「人に貢献する」という高い次元の意識が必要だ。
その意識を保つためには、継続的、持続的な教育が不可欠だ。京都市はたぶんそれを怠ったのだと思う。何かに貢献するという意識が薄れてくると、お金をもらおうがもらうまいが、次第に緊張感を欠き、心も腐っていくものだ。


名古屋東急ホテルに泊まったことがおありだろうか?
ここ最近はあまりないのだが、名古屋に宿泊出張のときは、僕は必ずこのホテルを予約することにしている。理由は従業員がすばらしいからだ。
どんなに混んでいてもロビーでお客を待たせることはまずない。エレベータでは集中する客をスムーズに誘導する。あらゆる動きにほとんど無駄がない。忙しそうでもきりきりせず、落ち着いていてにこやかで、仕事が楽しい感じが伝わっててくる。こちらも元気になるくらいだ。
東急ホテルのポイント会員なのだが、この名古屋東急は飛び抜けている。
相当なトレーニングがなされ、組織自体の意識が高くないとこうはならない。

京都市の管理職員は一度行って爪の垢でも煎じてもらったほうがいいかもしれない。



>>昨日のクイズのこたえ=○、お札の肖像は財務大臣が決める



テーマ:日記 - ジャンル:日記

お札の図柄は財務大臣が決める? ○か×か。
関西の支社新人歓迎会があって200人くらいの社員が集まった。
去年まで関東の本社地区にいたので、僕にとっては初めてのものだ。
本社には1500人以上の社員がいて、こんなイベントは簡単にはできない。

同期のわけのわかんない宴会芸(昔、それで関西のテレビ番組にも出演した)で久しぶりに大笑い。新人は少しひいていたが、最近、会社ではあまり笑えることがないので実に楽しかった。

その中のイベントで社員参加の○×クイズがあった。
何問かに答えた後、出された最終問題は

「お札の肖像は財務大臣が決める? ○か×か。」

だった。僕は答えを知っていて、図書カードをもらった。

で、答えは・・・ご自身で調べてみてほしい。

ちなみにお札の製造工程はこんな感じである。実にカンタンそうに見えてしまうのだが、実際には高額紙幣になるほど偽造を防ぐため、ごく一部の人しか知らないシークレットが満載されているそうだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ハチドリのひとしずく
ハチドリのひとしずく いま、私にできること ハチドリのひとしずく いま、私にできること
辻 信一 (2005/11/22)
光文社
この商品の詳細を見る


小泉今日子が朗読して、今日はとうとうNHKのニュースにも取り上げられた。

森が火事になり、そこに住む動物たちはいっせいに逃げ出す。
だが、一羽のハチドリが一滴ずつ、火に向かって水を落としていく。
周りの動物たちはその姿を嘲笑うが・・・。

たった17行の絵本だが、単なるエコ思想を越えてその意味は深い。

経済思想で有名なP.F.ドラッカーは、著書の中で仕事の焦点を貢献にあわせよ、自らの価値観に従え、必要なのは勇気だ、と言っていた(「プロフェッショナルの条件」)。

たしかに自ら正しいと思ったことをなすには大きな勇気が必要だ。
この本、まだまだ多くの人に勇気を与えるに違いない。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

CMに使うのはずるい
現在、放映されているグリコチョコレートGABAのCMに使われているBGMは、「ロッキーのテーマ」だ。

映画「ロッキー」はすばらしい作品だ。主人公ロッキーはボクシングだけでは食って行けず、借金の取り立てを手伝っている。暗く狭い部屋で飼っているペットの亀が唯一、心を許せる相手だ。その亀のえさを買いに行くペットショップで働く女の子にも、うまく自分の気持ちを伝えられないでいる。そんな彼に偉大なチャンピオンと戦うチャンスが巡って来る。必死で練習するロッキー。実力の差は歴然としていたが、彼は自分の存在を確かめるためにリングに立つ。

何度もみかえしたせいで、たった15秒の音楽でも、なぜかいろんなシーンがよみがえってくる。
こんなものBGMに使うのは少しずるいと思うのだった。

ロッキー・ベスト ロッキー・ベスト
映画主題歌、サバイバー 他 (2005/02/23)
BMG JAPAN
この商品の詳細を見る


ちなみに、2006年冬、シリーズ最新作「ロッキーバルボア」が公開予定。
「ロッキー3」~「ロッキー4」あたりは、物語に無理っぽさがあったのだが、
個人的には大きな期待を寄せている。

ROCKY BALBOA BLOG


テーマ:日記 - ジャンル:日記

いまさら脳を鍛える
東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
Nintendo DS (2005/05/19)
任天堂
この商品の詳細を見る


齢60を越えた母親が、大阪に住むその姉に聞いたらしく「ニンテンドーDSと脳を鍛えるナントカが欲しい」といい出した。
僕は彼女の息子だが、最近はなんだかかわいく思える。合わせて2万円くらいならまあいいか、と購入。なんとか探してきたDSLiteはピンク色だった。
「脳を鍛えるナントカ」はどうやらこれ↑だ。たぶん。

ちなみに僕自身は、ゲーム機にはほとんど興味がなく、DSとDSLiteの違いも店で聞いて、機能がライトなわけではなく「Liteのほうが重量が軽い」と初めて納得した。

会社の同僚に聞いたが、家では奥さんと娘さんが「どうぶつのもり」(どんなゲームだ?)をやっているが、本人は触ったことがないらしい。

どうもニンテンドーDSは、少年少女と主婦層という、もっともお金が使える層に受けているようだ。さすが任天堂。この調子で京都に税金をいっぱい落として盛り上げていただきたい。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

amazon インスタントストア(TM) ベータ版
ネット小売りの大手、アマゾンのアフィリエイト機能に「インスタントストア」機能が追加された(現在、ベータ版)。

amazon_sample_.jpg


従来からのamazonアフィリエイトでは、商品やamazonへリンクするHTMLコードを生成して、それを自分のサイトやブログに貼付ける操作が必要だ。
また、自分のサイト内でショッピングカートや、ユーザーレビューを使うには、ある程度のプログラミング技術が必要とされている。

だが、インスタントストア機能では、コードはamazonのサーバーに生成され、ショッピングカート機能も使える。
これだと、そのURLを持つだけで、ショップを持ったことになる。

ステップは実に簡単だ。
(1)おすすめの商品を検索してコメント(任意)を設定する。9つまで。
(2)検索対象のカテゴリを選択する。
(3)デザインを選択してカラーを変更(任意)する。

これで、「http://astore.amazon.co.jp/アソシエイトID」のようなURLが出て来て、
そこにアクセスすればショップがみれるようになる。

僕も試しに作ってみた。

fmod ヒーリングストア

まだおすすめ商品が9つまでしか紹介できなかったり、デザイン変更の自由度が少なかったりするが、amazonのことだからいずれ機能は拡充されていくだろう。

最近は、アフィリエイトの他にもドロップシッピング(商品が売れた時点で仕入代金を引き去る販売方式、原則在庫リスクがない)など、オンライン販売の裾野は広がっている。
いろんな商品がどこでも売ってる状態になって、オンライン販売はこれからますます集客に苦労するだろう。

ただ、一方では「その道のカリスマ」みたいな人が紹介する商品は、マイナーな製品でも売上が上がるようになるかもしれない。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

National Association of Photoshop Profesionals
以前から興味があった、National Association of Photoshop Profesional=NAPPのメンバーになった。
NAPPは北米・カナダのPhotoshopユーザーが中心のユーザーグループだ。
昨年(2005年)は東京でもPhotoshop Worldというイベントを開催していて、
近く日本にも支部ができると言われているが、待ちきれなかった。

napplogo1.jpg


会費は一年で約150ドルだ(アメリカ国内だと99ドル)。
その存在を知ったのはずいぶん前だったが、これは入っておかなくては、と思ったのは、「PhotoshopTV」という、NAPPのビデオ番組(iTunesのビデオポッドキャストでも無料視聴可能)をみてからだった。

スタジオでPhotoshopの様々なTipsを紹介するのだが、NAPPエキスパートメンバーたちのPhotoshopの使い方は目から鱗だった。
リハーサルしているというのもあるのだろうが、あの多機能なPhotoshopのコマンドをまったく迷うことなく、スムーズに操作する。特にレイヤー操作などは、みたこともないオペレーション速度だった。

メンバーになると、隔月の雑誌「Photoshop User Magazine」が配布され、メンバーページにアクセスできる。メンバーページではビデオチュートリアルやTIps紹介など盛りだくさんだ。当然、全部英語なので、コマンド操作は読み替えないといけないが、スクリーンショットやシーンでなんとか理解できる。

もはや書籍では学ぶことがなくなった、中級以上のPhotoshopユーザーには入会をおすすめしたい。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

京都タワー = Tower of Music Lover
ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER
くるり (2006/07/26)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


くるりのベスト版を購入。

個人的には京浜急行(京急)のCM曲だった「赤い電車」と、どことなく切なげな「ワールズエンド・スーパーノヴァ」が気に入っている。
京急は都会を走っているのに、車両も駅舎もノスタルジックな感じを受けるところが多いが、くるりの曲は雰囲気にぴったりだ。

くるりは京都の立命館大学で結成されたバンドだ。このCDでは、ジャケットに夜の京都タワーの写真を使用されている。ろうそくをモチーフにしたタワーは、建造物の高さが規制されている京都市ではもっとも高く、展望タワーからは市内が一望できる。
ジャケット写真は、駅ビルの5階あたりにある大きな踊り場から撮影したと思われる。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

アドビ認定エキスパート
アドビ認定エキスパート(ACE)という資格試験の、PhotoshopCS2を受けてみた。
結果はなんとか合格。

受験者に対する制約で、どんな問題が出題されたかを言うことはできないのだが、
試験の準備ガイドをメインにして、ヘルプやマニュアルを読んでおけばたぶん
中級者なら合格できるレベルのものだと思う。

ちなみに問題はコンピュータによる多岐選択式(ほぼ4択)で70問(僕の受けた試験では、正答率74%が合格基準)、105分で実施される。
最初にアドビのアンケートに答えないといけないので、正味は100分くらいだろうか。
ただ、実際には十分な時間がある。僕は40分で終わった。

画面上に1問ずつ表示される問題を読んで、回答していく。たまに[資料]と書いたボタンが出て来て、設問の補足資料が表示できる。
未回答の問題は「未」のマークが自動的に付き、自信のない問題では「チェック」欄を利用して最後に採点する前にそれぞれ確認/回答できる。

僕は同じような形式のマイクロソフト認定資格(MCP)試験を受けていたので、だいたい感じは掴めていたが、初めて受験する人は試験のやり方そのものに戸惑うかもしれない。

なお、アドビ認定エキスパートのメリットだが、認定コミュニティへの参加とロゴの利用ができるくらいだ(しかも英語)。
ただ、これを足がかりに認定インストラクタになると、当該最新ソフトのプレスリリース版がもらえるようになるなど、大きなメリットがあるらしい。どうせなので、個人的にはこちらを目指したいと思う。

*参考リンク*
アドビ認定エキスパートについて
申し込み方法
アールプロメトリック(試験会場)
試験準備ガイド



テーマ:日記 - ジャンル:日記

京都の夏の終わり
京都の夏は、7月1日の祇園祭で始まって、8月16日の大文字焼きで終わる。
もちろん、暦と雰囲気の問題で、あと1ヶ月はぐったりするような暑さが続くのだが、
下鴨神社の糺の森(ただすのもり)である古本市、清水寺の千日詣もこの日までだ。

人込みを承知で清水寺へ。「千日詣」とは、8/9~16の間、1日の参詣で千日分の観音様のご利益があるという、たいへん都合のよい、いや、ありがたい日だ。

土産物屋が立ち並ぶ参道を避け、大谷本廟(清水寺のすぐとなりにある、浄土真宗本願寺派の大きな墓地)を抜けていくが、お盆なのでこちらも大変な数の人だった。


2006081601.jpg

清水の舞台。最近、女性のピンヒールで痛んでるらしい(ちなみにピンヒールなどのヒールの高い靴でここまで上がるのはけっこうたいへんだし危険なはず。観光はベタ靴で(笑))。

2006081602.jpg

音羽の滝(おとわのたき)。一般的な滝のイメージではないが、清水寺の「清水」の由来ともなったもので、1年中水量が変わることがない霊水と言われている。ちなみに3本出ているが、「恋愛・健康・学業」というのは観光客向けの後づけで、古来から音羽山(清水寺のある山)の清め水だったらしい。

さて、夜は大文字でも拝んで心静かに明日からの仕事にそなえよう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

スペースワープ in 京都駅
大阪で友人と昼食を取ったあと、京都駅の地下街へ。
ここには、8月16日まで大きなスペースワープが展示されている。
スペースワープ


スペースワープはバンダイが80年代に売り出したインテリアコースターで、レールの上をパチンコ玉くらいの大きさの鉄球がぐるぐるまわる。一時期、販売が停止されていたが、最近になって復活した。プラスティックのコードのようなレールを切って、コネクタでつなぎ、カーブを調整するという、制作は実に手間のかかるものだが、このコースも構築したwww.spacewarp.jpでは超絶的なオリジナルコースが多く紹介されている。

ちなみにこの写真では2面しか見えないが、実際には2メートルくらいずつの4面にわたってコースが張り巡らされている。その大きさ、複雑さは夏休みのお子様を釘付けだ。

初心者には、最初からレールが組んである「START」がおすすめだ。
スペースワープ Start スペースワープ Start
(2006/08/10)
バンダイ
この商品の詳細を見る


テーマ:日記 - ジャンル:日記

村上隆
芸術起業論 芸術起業論
村上 隆 (2006/06)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


村上隆。東京芸術大学大学院博士過程修了。六本木ヒルズのキャラクターやルイ・ヴィトンのアイテム、最近ではテレビドラマのキャラクターまで手がける売れっ子アーティストだ。
しかし、そこに至る道程は、多くの芸術家がそうであるようにイバラの道だったようだ。
コンビニの弁当をわけてもらうような生活は、相当な根性が座ってないとそのまま落ちるとろまで落ちてしまうものだ。

氏がこれほど一般に注目される少し前、雑誌「太陽」(太陽 No.389 特集・現代美術入門講座、1993)で、オタクっぽいフィギュア、DOB君と名付けられたねずみのキャラクター、白いダッコちゃん(これは本物ダッコちゃんのメーカーからクレームが来たらしい)、バカボンパパを取り上げていた。
マーク・ロスコやフランク・ステラ、ジャクソン・ポロックといった現代美術の巨匠と並んだそれらの作品はどこか奇妙だったが、この本を読む限り、たぶん「これでいいのだ」。




テーマ:日記 - ジャンル:日記

実相寺昭雄 in ウルトラセブン
久しぶりにDVDでウルトラセブンを鑑賞。

最近のウルトラマンは知らないが、このウルトラセブンは、怪獣が全く出てこなかったり、
変身しているシーンが10秒くらいしかなかったり、変身しても人間サイズのままだったり(あるいは小さくなって松坂慶子の鼻の穴に入ったり)するなど、斬新な演出が光るものが多い。

中でも小さなアパートの一室で地球制服をたくらむメトロン星人を描いた「狙われた街」と、
ロボットに支配されたパラレルワールドのような星での出来事を描く「第四惑星の悪夢」は
スタンリー・キューブリックみたいなカメラで驚きだ。
また、セブンがメトロン星人と対峙する夕暮れのシーンはシリーズ屈指のものらしい。

どちらも実相寺昭雄の監督によるもの。
ちなみに最近は「いかレスラー」(2004、日本)を監修。そっちへいっちゃったか。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

Photoshop勉強中
せっかくの休みなので、PhotoshopCS2のお勉強。

そうすると、今までよく知らなかった機能があることに気づく。

・[フィルタ]→[描画]→[3Dトランスフォーム]が標準でインストールされない(CSから)
・モノクロ2階調モードの画像は、置き換えフィルタのマップに使えない(昔から)
・変形ツールの使用状態で、Ctrl+[.](MacはCmd+[.])で変形を適用しない(これも昔から)

Photoshopを使い始めて10年。まだまだ勉強が足りない感じだ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

タイヨウのうた
夏休み2日目。
昼間はiPodの中の曲を整理して、あとは無為にごろごろ。
ふだんはあまり観ないTBS(関西では4チャンネル、毎日放送)をつけていたら、
ドラマの中に見覚えのある風景を発見。江ノ島か、あ、そうだ。
「タイヨウのうた」という青春ドラマだった。

江ノ島


今年の春まで3年、僕は藤沢に住んでいて、休みの日にはたまの気晴らしに自転車で江ノ島まで行っていた。島と言ってもごつい橋で陸とつながっていて、島自体もおみやげ屋の要塞みたいなところだ。
ここは人のいなくなった夏の終わりや秋がいい。なんとなく気分が癒される。

写真は2006年2月25日、ケータイのカメラで撮影。

テーマ:夏休み - ジャンル:日記

BRUTUSの伊藤若冲特集
BRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌] BRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌]
(2006/08/01)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る


夏休み1日目。
京都盆地の夏は厳しい。今日の最高気温は37度に達するとのことだ。
こんな日は冷房の効いた部屋で、ごろごろするのも悪くない。

買い物帰りに立ち寄った本屋で、BRUTUSの伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)特集を発見。
伊藤若冲は、今年に入ってテレビ東京の「たけしの誰でもピカソ」や「美の巨人たち」でも取り上げられた、18世紀の日本画家だ。大胆な配色、ピクセル(!)のような升目で埋め尽くされたその絵は、日本画というより、グラフィックデザインの領域のもののように見える。

「奇想の系譜」でいちはやく伊藤若冲の再評価を行った辻惟雄氏や、世界随一のコレクター、ジョー・プライス氏へのインタビューを掲載。580円は安い。

ちなみに伊藤若冲は京都の商家に生まれ、早くに楽隠居(商売の才能はイマイチだったこともあるようだ)、ジョー・プライスもとんでもないお金持ちだ。
芸術文化というのは結局、お金持ちが築くものなんじゃないかと思う。

>>プライスコレクション:若冲と江戸絵画展ブログ

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

明日から夏休み
明日からしばしの夏休み。
お盆と正月の、休み前日の慌ただしさは毎年のことだが、なぜか気分がいい。

一時期、夏休みをシフト制にして、特定の期間内で好きなときに取れる制度があったが、
それだと、お盆休みを外して休む人が多くなる。それでお盆に出勤しても顧客企業はたいてい休みだ。会社としては肝心なときに人がいないデメリットの方が大きかったのか、すぐに制度はなくなった。

やっぱり、休む時はみんなで休まなきゃね。



テーマ:日記 - ジャンル:日記

台風接近中。
仕事の打ち合わせで朝から神戸の客先へ。
会議室からは海が見えたが、空は晴れ上がっているものの、白波が立ち、雲が早く流れていた。

「台風近づいてるみたいですね」
お客さんが言う。

いったん会社に戻って、定時で退社。
大阪駅と京都駅では、毎年8月8日に予定されている、関西では比較的大きな規模の
琵琶湖花火大会が延期になったことを駅員が一生懸命アナウンスしていた。
浴衣姿のカップルに結構すれ違う。切符買った人は払い戻してくれるのかな?

ちなみに、関西で、というかおそらく日本でもっとも大規模な花火大会は、
「PL花火」と言われる、PL教団の花火芸術だ。通常の花火大会とは桁違いの12万発(隅田川の6倍)。
今年のそれはYouTubeにたくさんアップされている。この画質でもえぐいほどの迫力だ。





テーマ:日記 - ジャンル:日記

NHKスペシャルに釘付け
午後10時の「NHKスペシャル 硫黄島 玉砕戦 ~生還者 61年目の証言~」に釘付けになった。

最近、デジタル技術だと思うが、昔のフィルムも恐ろしく鮮明にテレビに映し出される。
地形が変わるほどの凄まじい爆撃、横たわる無数の死体、ぞっとするほどだ。
いや、それ以上に恐ろしかったのは、硫黄島戦の生還者たちの証言だ。
暗くむし暑い地下壕で持久戦を迫られ、ウジ虫を食べ、泥水を飲み、炭を食べて生きる。
どうやっても降伏しない日本軍に対し、最後に米軍は壕に海水を入れ、ガソリンを撒いて火を放つ。

「彼らの死に意味はあったのでしょうか。でも、ないとは言えなんです。
けれど、それが何かというと、難しい。」

生還者の一人の言葉の重さに涙が出た。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。