fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめ商品

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VMWare Fusion 2でLinuxのお勉強。
突然、Linuxの環境が欲しくなる。
こういうとき、できるだけ安価に抑えたいとなると、選択肢は以下のようなものになると思う。

(1)激安コンピュータ店でOSなしのマシンを買ってくる。
(2)Windowsの中古マシンを買ってきて、WIndowsを捨て去る。
(3)死蔵されているマシンにLinuxをつっこむ。

が、しかし、CPUのパワーが上がった現在、もうひとつある。
それが「仮想マシンの導入」だ。
従来あるマシンの上にソフトで仮想的にPCを立ち上げ、その中で実行する仮想マシン環境は物理的な装置やそれにかかるコスト、環境負荷を下げられるので、エコ的でもある気がする。

ということで、iMac(intel Core2Duo 2.16Ghz, Memory 2GB、MacOSX Leopard 10.5.5)に、Vmware Fusion 2.0を導入。
3,000円の本についてきたCentOSを2個入れて、一方をサーバーに、一方をクライアントに見立てて、触ってみた。
20081006.jpg


さすがにこの環境でGIMP(Linux上で動作する画像処理ソフト)動かすと、ブラシの描画がマウスの後からついてきて笑えるほど使えないが、Linux自体の、たとえばapacheのサーバー環境を設定していろいろなプログラムやモジュールを試すには十分なものだ。

職場や客先にLinux環境(あるいはWindowsなどの別OS)があって興味はあるものの、なんか簡単に触れないなあ、という方にはオススメだ。ふつうのマシンにはまずできない「スナップショット機能」により危険な操作の前に状態を保存しておき、いわゆる「やっちまった」状態を一瞬のうちになかったことにするのも可能。

ちなみに僕は「ホストオンリー」というネットワーク構成で、Mac本体(ホスト)に2個のCentOS(ゲスト)をのっけた計3台の仮想LAN環境にしているが、「NAT」や「ブリッジ」でゲストからインターネットに出る設定にすることもできる。

こんなことができるのは、VMWareにvmnet1(あるいはvmnet8)という仮想ルータが入っているためだ。
ちなみにこの仮想ルータの設定、Macのハードディスクのライブラリ:Application Support:VMWareFusionフォルダ下のconfigファイルやvmnet1:dhcp.confで定義されているのだけれど、VMWare本体にグラフィックのインタフェースがない(?)ので、探すのにちょっと苦労した。



スポンサーサイト
薄い、軽い、何もついてない。
20080115.jpg

アップルが、MacBook Airを発表。
かねてから噂の超薄型、なんと光学ドライブすらない、閉じた姿はUFOみたいなMacBookだ。珍しく出荷は2、3週間後から。
光学ドライブもバックアップ装置もワイヤレスでマウント。
大きなトラックパッドにはiPodTouchのようなタッチインタフェースが搭載されている。
革新的すぎて、いろいろ話題になりそうだ。


ついにアレがやってくるのか?!
アップルが、年初の一大イベント、Macworldの前なのに新型(といっても筐体ではなく、内部構造の強化を行った)MacProと、

Apple Store(Japan)

サーバーマシンのXServe
Apple Store(Japan)
を発表。

Appleは、何かのイベントの基調講演(キーノートスピーチ)の最後にジョブスが「そうそう、こんなものがあるんだよ」といって、新製品を発表するのがひとつのお約束になっている。

ということは、来週予定のMacworldでは、一緒に発表したらこのMacProやXserveが忘れられてしまうくらいの「何か」が出るのではないか?!と今から憶測を呼んでいる。

時期的にOSのLeopardは発売から正味3ヶ月しか経ってないし、iLifeもiWorkも「08」になっている。ソフトは考えにくい。
となると、かねてから噂のハードディスクのないサブノートか。新型iPhoneか、イヤ、ひょっとしたらそのiPhoneの日本展開だったりとか?!

Macworldのキーノートスピーチは、サンフランシスコ現地1月15日(日本時間1月16日AM2:00)から。昔は「Mac信者」のお楽しみであったキーノート、今年あたりは日本の投資家も見逃せないかもね?!




松下×Google
かつては、他メーカーが先鞭をつけた製品をブラッシュアップし、その圧倒的な販売網と営業力で製品を売ってきたため「マネシタ電器」とまで揶揄された松下電器。
しかし、03年1月、中村邦夫社長(当時)は「もうマネシタ電器やめよう」と言ったらしい(「技術者たちの熱き闘い 組織の壁、開発の試練を突き破れ!」、永井隆著、日経ビジネス人文庫、2005年、日本経済新聞社刊、p30)。
その5年後、なんとGoogleと提携、しかもYouTubeをテレビでみられるようにするという。
いまだに著作権問題で物議をかもすことも多いYouTubeに対応とは、ちょっと驚きだ。

さて、YouTubeは皆さんご存知と思われるが、Picasa(ピカサ)ウェブアルバムのほうはどうだろう?今のところ、米Yahoo!のFlickr(フリッカー)の影に隠れているが、これはそれと同様にWebに写真をアップロードして共有できるようにするGoogleのサービスだ。
Flickrは英語版(ただし、日本語は使用可能で日本語のグループも存在する)なのに対し、Picasaウェブアルバムは日本語版あり。
当初、当該のTVビエラは、北米市場に投入するそうだが、その気になれば日本での展開もそれほど難しくないだろう。

ただ、個人的にテレビで写真やパソコンでしか見れない画面をみる、というのは最初は便利で面白いんだけど、慣れるとどうもそれすら面倒くさいというか、どうでもいいことのように思えてくる。

写真は分厚い紙のアルバムにフィルムで挟んであって、ページをめくると匂いがしたり、重みがあったりするのがいちばんよくて、テレビもビデオやDVDでなくて、トイレやお風呂をがまんしちゃうような本放送がいちばん楽しい気がする。
単に人間が古いのかもしれませんが・・・。


休みになってちょことお勉強。
休みになった。
午前中、雨は降るが明日から雪が降るといわれたので、大掃除をして、午後からは積ん読状態だった本でちょっとだけお勉強だ。
はじめてのCentOS 5 (Linuxサーバ構築編) (TECHNICAL MASTER (48))はじめてのCentOS 5 (Linuxサーバ構築編) (TECHNICAL MASTER (48))
(2007/08)
アイティーブースト

商品詳細を見る

まずは、CentOS5。無償のLinuxソフトだ。
自分の中ではなかったことにしていた、Windows98マシンを押し入れから引っ張り出し、WindowsやOfficeを情け容赦なく追い出してクリーンインストール。スペック不足でGNOME(ウィンドウシステム)が使えないが、サーバーにするだけだし、コマンドラインを鍛え直すには十分。インストールしたてのLinuxはなんだか整然としていて気持ちいい。
最終的にはApache+PHPでのプログラミング検証用環境を作るつもり。
それにしてもインストールDVDつきでこの値段、しかも記述が分かりやすくてうまい。ありがたいことです。

Ajaxハッカーズ・プログラミング―基礎からprototype.js、Yahoo!UIライブラリ、HTML_AJAXの活用までWebアプリケーション制作のプログラミング・テクニックAjaxハッカーズ・プログラミング―基礎からprototype.js、Yahoo!UIライブラリ、HTML_AJAXの活用までWebアプリケーション制作のプログラミング・テクニック
(2006/05)
佐久嶋 ひろみ

商品詳細を見る

ひとしきり終わったところでこんどは「Ajax(エイジャックス)」のお勉強。
prototype.js=JavaScriptの開発用フレームワークが知りたかったので、買っておいたものだが、最初から読み直す。結果、Ajaxの基本部分を実はよくわかっていなかったことに気づく。Webで勉強して「わかってたつもり」だったようだ。反省。

Webから得る情報は多くの場合、必要に迫られて検索して引っぱり出すものだから、断片的にならざるを得ない。結果、隙間ができて、ひ弱な知識体系が構築されてしまう。
それで満足している人はたぶんいないと思う。隙間を埋めたいと思っても、時間がなかったり、お金がなかったりするものだ。

年末年始、お小遣いをちょっと使って、あなた自身の気になることをちょっと見直してみては?


カリスマ社長の写真集。
スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
(2007/12/17)
林 信行

商品詳細を見る

「海軍に入るくらいなら、海賊になった方がましだ。」
この本の帯にはそう書かれている。
「宇宙に衝撃を与えたい」などの台詞はアップルを知らない人がみたら、何かの教祖だと思うかもしれない。

でかい写真にでかい文字、写真集のような本のサイズ。
セブンイレブンや花王の社長など、優れた日本の社長はひかえめなビジネス新書ではよくお目にかかるが、こんな本はアップルのジョブスでしか出せないよね、やっぱりw。



おひさしぶり、デューク。
ある忘年会のビンゴで、SunMicroSystemsのJavaのマスコットキャラクター、デューク柄のタオルがあたる。
20071220.jpg

思えば、生まれて初めてみたJavaのサンプルプログラムはこいつがピューッと走るやつだった。あの頃は「この言語いったいどこでどう使うんだ?!」と思ったが、その後はすごい勢いで発展。サーバーサイドはもちろん、組込み系にまで利用されるようになっている。
それとともにデュークもいつのまにか見なくなっていたんだけど、Sunではまだ元気にしてたのね。こいつには、とりあえずトイレでがんばってもらおうw。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。