fmod extra diary
www.fmod.jp管理者の日記。
プロフィール

Froggy2000

Author:Froggy2000
www.fmod.jp管理者の日記。
京都に生息しています。システム開発、
IT人材のコーディネート、育成に従事。米PMI認定PMP(Project Management Professional)。(社)日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

おすすめ商品

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adobe Apolloのアルファ版サンプルを使ってみた。
Adobeの次世代プラットフォーム、Apolloのアルファ版のサンプルを試してみた。
いくつかのサンプルが用意されているが、HTMLテキストエディタのサンプルが、Adobe Flex Builder(開発ツール)を持っていなくても、Apolloの特徴をとらえやすい感じなので、ちょこっと紹介してみる。

1.まずは、Adobeのサイトから、ランタイム(実行のベースになるApolloの本体)とSDK(開発キット)、ドキュメント類(HTML形式、すべて英文)をダウンロードする。

2.ランタイムをセットアップ。インストーラを叩くだけだ(注:お使いの環境によってはJDK(Javaの開発キット))が必要。

3.ドキュメント類をダウンロードしたフォルダ(デフォルトではapollo_alpha1_docs)にサンプルフォルダ(Samples)ができているので、ここからTextEditorHTMLフォルダを開く。

4.「TextEdit.air」というファイルがあるので、これを起動する。このファイルは、Apolloアプリケーションのインストーラパッケージだ(SDKに付属するADT(Apollo Developer Tool)を利用して自分でも作成可能)。
20070321a.jpg


5.テキストエディタが起動。実際のメインのプログラムは、TextEditorHTMLフォルダ内の「TextEdit.html」にJavaScriptで記述されており、これをApolloのランタイムが解析して動作している。ソースはHTML形式なのにブラウザなしで、単独のアプリとして動く(ブラウザのウィンドウ枠がない)。基本、ブラウザが必要なAjaxとはこの時点で異なる。
[OPEN]ボタンでファイルを開いてみた。
20070321.jpg


6.TextEdit.htmlの中身を覗いてみる。上記で反転させた部分ではApolloに実装されているFlashのFileSystemクラスのインスタンスを生成している(その後、ファイルを読み出し操作を行っている)。このようにHTMLの枠組みにとらわれないプログラムを作成することが可能だ。

Apolloのアプリケーションは、実際には次のような構造で動作している(Adobe Apollo Alpha 1 Documentationより引用(2007 Adobe Systems Incorporated. ))。
ApolloOverview.jpg

RuntimeによってOSの差異を吸収するため、ブラウザどころかOSの違いも飛び越える。もちろん、先のテキストエディタでは、OSごとの改行コードの扱いを変えなければいけない(MacOSとWindowsでは、CR, LFコードの扱いが違う)など、若干の考慮は必要だけれど、開発者にとってはクロスプラットフォームの煩わしさが軽減されるだろう。
また、実装の形式にHTML/Ajax、Flex、それらにPDFを含めたものが可能だ。もちろん、外部との通信インタフェースも用意される。

アルファ版のサンプルにはFlexで実装した例(Flashのようなインタフェースが実現できる)などもある。どれも(英文だけれど)、詳細な説明があるので、ごく基礎的なプログラミングの知識があればある程度は理解可能だと思う。興味のある方はぜひ。


スポンサーサイト
Adobe Apollo、アルファ版登場。
チゼンCEO、アドビのオンライン戦略を語る(CNET記事)」において、最高経営者自身が「もっとも刺激的」と語る、Adobeの次世代プラットフォーム、Apolloのアルファ版が登場。こちらの「Downloads」セクションからダウンロード可能だ。

Apollo SDK

Apollo Runtime

Documentations and Samples

Apollo Extensions for Flex Builder 2.0.1

の4つからなり、それぞれWindows用とMac用が用意されている(ドキュメントはすべて英語)。
まだアルファ版ということもあり、これらのキットは「素の状態」。
個人的にはWindowsのVisualStudio.NET用のエクステンションやクラスがあれば嬉しいのだけれど、マイクロソフトにはApolloに対抗するWPFがあるから、さしあたりは出て来ないかもしれない・・・。

Apolloをうまく利用すれば、デスクトップとネットの境目を取り払う、つまりはアップロード/ダウンロード、オンライン/オフラインといった制約をユーザーに意識させないアプリケーションの構築が可能になるといわれる。
ただ、カンタンに使えるようになるには、もう少し時間がかかりそうだw。

Microsoft WPF と Adobe Apollo
間もなく、Windows Vistaが発売される。
革新的とされるインタフェースはMacOSを知っている人からみれば、大したことない(おそらく、MacOSは次のLeopardの先進性でまたつき離す)。だいたい、メモリを1GBも要求されたのでは多くの一般ユーザーは最初はそっぽを向くに違いない。

だがこのOS、Microsoftの次世代戦略への布石が多く埋め込まれているのも事実だ。そのひとつが「WPF(Windows Presentation Foundation)」。.NET Framework3.0で実現されるこのプラットフォームでは、FlashのスキルがなければできなかったいわゆるリッチコンテンツがWindowsの開発環境で実装できるようになる。
Windowsはご存知のとおり、ビジネスユーザーが多く、新技術の導入には慎重なのですぐになだれをうってリッチアプリに進むとは思えないが、Windowsの開発エンジニアは(もちろんピンキリだけど)UnixやMacのそれと比較してかなりの数がいて、実績も豊富だ。小手先のテクニックだけでなく、業務そのものに精通したシニアエンジニアもいる。その気になれば、まったくあたらしいアプリケーションが生み出される可能性もある。

一方、Flashを擁するAdobeもじっとしているわけでない。日本ではひっそりと話題の「Apollo」で、WPFへの対抗策をすでに打ち出している。こちらの開発環境は主にAdobe Flexによるものだ。FlexはMicrosoftのVisualStudioほど有名ではないが、リッチコンテンツに慣れたAodbeのこと、センスのいいアプリケーションが作成できることをデモしている。

20070119.jpg


*画像はあまりよくないが、GoogleMapsとローカル環境を統合したアプリケーションが紹介されている。ブラウザなしで動作しているのがわかる。
Christian Cantrell shows Apollo」(Google Video)

もっと詳しく知りたい方はこちら↓
デスクトッププラットフォームを制するのはApolloかWPF/Eか」(アットマーク・アイティ)

PhotoshopやFlashで、デザイン業務をやっている方も、このWPFとApolloには要注目だと思う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。